治療・支援

薬物療法(減薬を含む)

「眠りの悩み」に関する薬物療法

不眠症

今日不眠症の治療は、強い薬を使ってでも「ぐっすり眠らせる」時代から、安全性が高くやめやすい薬をもちいて「そこそこ眠らせる」時代へシフトしてきています。
これは最近、不眠症治療のガイドラインに示されている「出口を見据えた不眠症治療」とも通じる考えです。

当院では、不眠症の患者さんに対してまずはしっかりと患者さんの生活状況や考え方などを十分に汲み取り、適切な睡眠衛生指導をまず行うことをモットーにしています。また、カウンセリングにおいて不眠症の認知行動療法(CBT)を行うなどして、薬を使わずに眠れるようになることも目指しています。

薬を必要とする場合でも、それまで睡眠薬を飲んだことのない方であれば、オレキシン受容体拮抗薬(ベルソムラ)やメラトニン受容体作動薬(ロゼレム)を第一選択とし、必要に応じ非ベンゾジアゼピン系睡眠薬、さらにはベンゾジアゼピン系睡眠薬の順に選択していくようにしています。

また、これまで睡眠薬を飲んできた患者さんの場合には、極力その処方内容を安全性の高い内容にシフトし、将来的には出口(休薬など)を模索できないか検討するようにしています。

 

過眠症

ナルコレプシーの診断が下れば、眠気を薬で抑えたり、脱力を防いだりすることができます。眠気を抑える薬には、モディオダール、リタリン、ベタナミンがありますが、後ろの2つは今日ほとんどもちいられることがありません。眠気がうつ症状に由来する場合には感情障害の治療を行い、発達障害に由来する場合にはストラテラやコンサータなどの薬物をもちいる場合があります。

 

薬を減らしたい、やめたい

睡眠薬はこれまで中々やめられないというイメージがつきまとっていました。
これは、かつて主流であったベンゾジアゼピン系睡眠薬や非ベンゾジアゼピン系睡眠薬には反跳性不眠という離脱症状があり、いきなりやめてしまうとその日はほとんど眠れないような副作用が起きやすいためでした。

一方、2010年以降市場に出てきたメラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬は、この副作用がないため薬をやめることが比較的容易です。
既存の睡眠薬(ベンゾジアゼピン系睡眠薬や非ベンゾジアゼピン系睡眠薬)を減らしたい時には、必ず漸減法をもちいるように患者さんに指導しています。この際、睡眠薬を調剤薬局で分包化することによって漸減を行いやすいよう工夫を凝らしています。また、メラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬、もしくは非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の一つであるルネスタなどを追加することによって、漸減がしやすくなるような処方変更を行います。

その結果、メラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬のみに切り替われば、長期服用したとしても安全性がより高く、なおかつ薬をやめることが容易になります。

ただし、このような減薬・休薬には、睡眠衛生指導や認知行動療法などが欠かせないため、そうした非薬物療法にも当院では力を入れています。

 

 

CPAP療法

CPAPとは

中等症から重症の診断がついた睡眠時無呼吸症候群の治療法として、第一選択とされているものに経鼻的持続陽圧呼吸療法(nasal-CPAP療法)があります。

CPAP療法とは、睡眠中に鼻にマスクをつけて機器から一定の陽圧をかけて、無呼吸やいびきなどの原因となる上気道の塞がる部分を押し広げるものです。CPAP療法はつけているといつか良くなるというものではありませんので、数日間つけなければ気道が元の状態に戻ってしまいます。そのため、毎晩就寝中にはCPAPを使用して頂く必要があります。

CPAPを使用することで多くの人が使ったその日からいびきをかかなくなり、無呼吸が消失します。朝もスッキリ目覚めることが出来るようになり、日中の異常な眠気がなくなります。将来的に高血圧や糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞など合併症の予防にもつながります。重症の睡眠時無呼吸症候群の治療をする方としない方とを比べると、治療をする方のほうが生存率が高くなると言われています。

CPAP療法の注意点

CPAP療法を行う際に重要となるのは、患者様1人1人が最も良く眠れる圧を決めることです。当院で初めてCPAP療法を行う際には、CPAPをつけた状態で一晩泊まって頂き臨床検査技師が患者様の睡眠や呼吸の状態をみながら圧を調整する検査(マニュアルタイトレーション)を行います。

また、患者様1人1人の顔の形に合った鼻マスクを決める事も重要です。当院でのCPAP機器はレンタルとなっており、機器には使用状況のデータが記録されています。当院受診の際には、CPAP機器のデータカードや鼻マスクをご持参頂き、機器のメンテナンスや鼻マスクの調整を行うとともに、ご自宅でのCPAP使用状況などを患者様1人1人に対して分かりやすく説明しております。

 

 

 

リワーク(職場復帰支援プログラム)

職場復帰支援プログラムのご案内

現在、うつ病などによる休職者の方の支援においては、職場復帰だけが目標ではなく、職場復帰した後の再発予防が重視されています。うつ病などで休職した人の約40~50%が2年以内に再び休職するとも言われており重要な問題となっています。

同じ人が、同じところに、元のまま戻ったら、元の状態にもどるのはある意味自然な経過と言えます。何をどのように気をつけて、周りにどのような環境が整えば、職場復帰と再発予防が実現できるのかを見出していく必要があります。

当院では、担当サポーター制を実施しており、個別に臨床心理士がついて職場復帰と再発予防の課題と対応について話し合いを行います。そして集団の場(ショートケア/デイケア)に参加できる状態にまで回復してきたら、集団の場にも少しずつ参加して頂きながら、職場復帰を見据えてどの程度まで仕事やストレスへの対処が上手にできているかを確かめています。こうした個別のケアと集団のサポート、および職場との連携を基本として、復帰率の向上、再発率の低下をめざします。

当院で現在うつ病などの気分障害や適応障害で休職されている方には、まずこの職場復帰プログラムを受けていただき、意欲と体力、対策が十分に備わっていることを確認します。そして、以下の4つの条件をクリアしていることを、職場復帰の判断基準としております。

  • 職場復帰への意欲があること
  • 職場復帰プログラムの一環である集団療法に無遅刻・無欠勤で4週間連続参加できること
  • 休職の要因についての考察と再発予防に対して対策が十分に練れていること
  • 職場における受け入れ準備(環境調整)が整っていること

職場復帰と再発予防に向けては、こうした条件、および職場の復帰条件が満たせるように、プログラムに参加していただき、段階的に準備を進めていきます。

当クリニックのプログラムの特徴

当院の職場復帰支援プログラムは、ショートケアとデイケアは定員が最大20名まで、1回の参加者は10名前後とごく小規模です。そのため、参加者の方々からは、アットホームな雰囲気で、「人数が多いのが苦手でも話しやすかった」「参加しやすかった」という感想をいただいています。
また、臨床心理士による担当サポーター制を取っているため、集団では話しにくいことも個別に話し合うことができ、参加者に適したきめ細やかな支援プログラムを組むことができます。

日時

月・火・水・金 10:00~16:00
土 10:00~13:00
※木曜日と祝祭日は休み

対象となる方

  • 気分障害(うつ病)で治療中の回復過程にある方
  • 現在休職中で、職場復帰を希望されている方
  • 主治医の許可のある方
  • 規則正しい生活リズムができている方
  • その他プログラム利用にあたって支障がない方

ご利用に関して

・はじめは週に1、2回からのご利用開始となります。慣れてきたら、徐々に回数を増やし、毎日参加できるような生活リズムと体力を身に付けます。

・週に1、2回通所できない状態の方は、充分に回復してからのご利用となり、それまでは日中の活動を記録していただきながら、臨床心理士らによる個別対応が中心となります。

ご利用までの流れ

STEP1 現在、休職中で治療後に復職の意志があること、および職場復帰支援プログラム参加にあたって支障のないことを診察で確認
流れ
STEP2 担当サポーター(臨床心理士)が決まり、個別面接を開始。
自分自身や今の自分の状態を知るための心理アセスメントや心理教育を受けていただく
流れ
STEP3 生活リズムが安定し、外出もできるようになってきたら、抑うつ状態が改善しているかどうかを担当サポーターとの面接と診察で確認
流れ
STEP4 抑うつ状態の改善が確認できれば、集団療法(ショートケアやデイケア)に体験参加していただき、参加の希望、および参加に支障がないことを本人、および主治医が確認できたら正式に週1,2回から参加開始

 

※注:集団療法(ショートケアやデイケア)が利用可能な状態であっても、集団療法への参加が有効ではないと判断される場合もあります。その場合は、担当サポーターによる個別支援が中心となります。

このプログラムは、より確実に元気になり、その元気を保つための方法を体験しながら身に付けていただくことを目標としており、次にご紹介する5つのステップに目標と内容を段階的に分けて実施しています。

(目標)安心して元気に職場復帰すること。その元気を保てること。

STEP1
休職と個別ケアの開始
・職場に近い生活リズムが保てる
・活動を行い、疲れをもちこさない
流れ
STEP2
職場復帰とショートケア参加の判断
・好きなことができるようになる
・心理アセスメントと心理面接の開始
流れ
STEP3
ショートケア利用開始
・集団療法(ショートケアやデイケア)になれる
・復帰と再発予防に必要なことを身に付ける
流れ
STEP4
職場との連携と職場復帰の決定
・職場復帰への意欲がある
・疲れを持ち越さずに無遅刻・無欠席で週5回のフル参加が1カ月間できる
・職場復帰と再発予防に必要なことをセルフガイドブックとしてまとめる
・職場と職場復帰後の支援について打ち合わせや環境調整を行う

上記が認められた後、主治医、産業医、職場による総合的な判断で職場復帰が決定
流れ
STEP5
復帰後のフォローアップと再発防止
・フォローアップショートケアと個別面接を継続
・再発予防に必要なことが保てているか確認

 

週間プログラム
時間
10:00~11:30 ポジティブトーク
/ボディワーク
ポジティブトーク
/ボディワーク
ポジティブトーク
/ボディワーク
- ポジティブトーク
/ボディワーク
ポジティブトーク/ボディワーク/カルチャー
11:30~13:00 軽スポーツ 料理
/オフィスワーク
コミュニケーション
/オフィスワーク
- 料理
/コミュニケーション
14:00~16:00
(15:30~16:00はシェアリングを行っています)
コミュニケーション 心理教育 認知行動療法(ロールプレイ) - 軽スポーツ ※原則毎月第一土曜日はフォローアップ・プログラムを実施

各プログラムの概要

当クリニックでは、さまざまなプログラムを用意していますが、すべてのプログラムは参加者の心身のコンディションにより「パスをする(発言しない、ゲームに参加しないなど)」ことが可能です。

ポジティブトーク

毎日、最初に行うプログラムです。うつ状態の人は、悲観的な考えや自責の念に日常的にとらわれています。そうではなく、自分の良いところやポジティブな出来事に注目できるように、「自分ができたこと」「ちょっと嬉しかったこと」を参加者全員の前で話し、ネガティブな部分に目を向けてしまいがちな認知のゆがみを正していきます。
なお、個々の発言には質問も受け付けており、食の話題は特に盛り上がるので、参加者で近隣のおいしい店マップづくりなども自主的に行ったりしています。

ボディワーク

「肩身が狭い」という言葉がありますが、休職される方の多くはまさに肩甲骨がガチガチに固まっている状態で、ほとんどの方が首・肩・腰に故障を抱えています。また、仕事が忙しすぎてこれまで運動らしい運動をしていない方も多くいらっしゃいます。
最初にラジオ体操よりゆっくりとした体操を全員で行った後、ヨガマットの上で、ストレッチングやヨガなどその人に合った方法で動き、身体をじっくりほぐしていきます。身体をほぐすことで、こころをほぐしていくプログラムです。

軽スポーツ

風船バレーや卓球、床上のカーリングのようなオリジナルスポーツ、散歩、ドッジビーなど、屋内外で身体を動かします。遊び感覚でできる楽しいスポーツを通して、体力をつけるだけでなく、参加者同士のチームワークやコミュニケーションなどを習得していきます。新たな参加者にルールを教えることなども人間関係の面で大切な学びとなります。

コニュニケーション

たとえば、「忙しそうな人に話しかけることができないんだけど…」「街でばったり自分の休職を知らない人に会ったらどうする?」など、他の参加者に聞いてみたいことをテーマとし、フリートークを行います。話し合うテーマもその場で参加者が自分たちで決めます。カウンセラーから回答されるのとは違い、当事者同士で会話するため、共感しやすく、お互い同じ気持ちを抱えていることに気付き、安心するとともに、「自分だけじゃないんだ」という自己肯定感を得られます。

料理

部署(チーム)で協力して作業を進める、職場での仕事を模したプログラムです。メニューや段取り、役割分担などをチームで話し合って決め、買い出し、調理、テーブルセッティングまでのすべてを自分たちで行います。

他者と協力してやり遂げる力を身に付けながら、食事や料理に関心を持ってもらうこともこのプログラムの大切な目的です。
特に、一人暮らしの男性は外食やコンビニに頼りがちですから、今後、こころと身体の健康を保つために必要な自炊の楽しさを覚えてもらいます。また、料理というチームの成果物をみんなでいただく楽しみを共有することも大切な要素です。

参加者たちは、「料理の幅をもっと広げたいから」と院長に直訴して圧力鍋を購入してもらうほど、このプログラムを楽しんでいます。

カルチャー

楽しみながら頭を使う、カードゲームやボードゲームを行います。ゲーム自体は個人プレーですが、勝つためには他者との駆け引きや注意力、集中力も必要となります。ゲームをしながら、自身や他者の思考の傾向を知ることもできます。「COCOTAKI」という「UNO」のルールを少し複雑化したようなドイツ発祥のカードゲームが人気です。
ちょっと疲れている、今日は頭が冴えているなど、参加者にはさまざまな状態の方がいますので、その方の当日の心身のコンディションでゲームを選んで参加してもらいます。

オフィスワーク

机上の作業能力の向上、および職務遂行に必要なコミュニケーションスキル、プレゼンテーションスキルなどを学びます。

計算問題、新聞雑誌記事の読解と要約、インターネットと書籍を利用したレジュメ作成、各種検定問題など自分で取り決めた作業課題に個人で取り組みます。オフィスワークの課題が一通りこなせるようになる前後で、休職にいたった経緯や再発予防には何が大切なのかなど、自分についてまとめた、プログラム卒業に必須となる「セルフガイドブック」作成の時間に充てることもあります。

参加者企画

オフィスワークの一環として、参加者自身にプログラムを企画・実施していただく「参加者企画」も設けています。
プレゼンテーション能力、マネジメント能力などを発揮する機会となり、これまでにクイズや人工知能などをテーマに実際に参加者によるプログラムが運営されました。

ロールプレイ(認知行動療法)

認知行動療法(CBT)の一環として、対人関係のシーンをロールプレイで練習します。認知行動療法は、うつ病をはじめとするさまざまな精神疾患への治療効果と再発予防効果の確かな科学的根拠があります。十分に効果が確証された方法を用いて、ものの見方や対処法を学び、職場でのストレスに負けない自分を作り上げます。ロールプレイを通して学ぶことで、机上で学んだ知識が体験化され、次第に自分に合ったスキルが身に付くようになります。

心理教育

うつ病などの疾患そのものや薬、療法、ストレス、生活リズムなどについての理解と、対処についての学習が中心のプログラムです。対人関係、自己表現、コミュニケーション、認知行動療法についての学習、話し合いも含まれます。

シェアリング(共有)

1日の終わりに必ず行うプログラムで、その日の振り返りと記録を行い、参加者全員で共有します。
感想・気付きを評価することなくありのままに分かち合うことで、新たな発見や気付きを得られます。

フォローアップ

復職を果たした卒業者のための時間です。
復帰後の再発予防を目的に、実際に職場復帰してみての感想、問題を共有し、無理のない就労が継続できるように学びます。
当院のプログラムを修了した方を対象に、原則毎月第一土曜日(10:00~13:00)に行われています。

参加費用

当院のリワークプログラムは、デイケア(6時間)4日+ショートケア(3時間)1日で構成されています。
医療保険(精神科/小規模)の対象となり、ご利用には自己負担分の費用がかかります。
・ショートケア利用の場合…3割負担で自己負担1,100円、1割負担で自己負担370円。
・デイケア利用の場合…3割負担で1,770円、1割負担で590円。

※プログラムの内容によっては、事前にご説明し同意を得た上で、参加者に持参いただく物や、実費をお支払いいただく場合もございます。
例)調理に使う材料などで1,000円以下
※自立支援医療を利用されると自己負担が軽減され、市町村によっては補助があります。

 

 

 

カウンセリング

薬は使いたくない、再発を防ぎたい方へ”治る力”を引き出すカウンセリング

経験豊富な臨床心理士が常駐し、カウンセリングや認知行動療法などを通してこころの部分をサポートしているのが、当クリニックの大きな特徴です。

 

何らかの原因で低下している患者さまの“治る力”を引き出すのが、臨床心理士の役目。患者さまの気付かない生活習慣や行動パターンを少し変えるだけでも劇的な効果をもたらすこともあります。また「薬を使いたくない」という方や、医師による治療と合わせて再発防止を目指したい方にも最適です。
当クリニックでは個別のカウンセリングはもちろん、集団での治療を行うショートケアやデイケア、休職中の方のための「職場復帰プログラム」も行っています。

カウンセリングが怖い」という方へ

「カウンセリング」というと、過去の思い出したくない体験や、プライベートでの話たくないことなどを暴かれるという怖いイメージを持たれる方もいらっしゃいます。
基本的にカウンセリングでは患者さまの苦痛になるようなことを無理強いすることはありません。前向きな気持ちで治療ができるよう、温かくサポートさせていただきますのでご安心ください。

 

 

 

当院で行っている心理療法

心理療法と名のつくものは、世界で300以上はあると言われています。
これらの中で、当院では患者さまに合わせて様々な心理療法を提供しています。

カウンセリング

当クリニックでは、基本的なお話の場としてカウンセリングをベースにしながら心理療法を行います。患者さまのニーズに応えながら適したかたちで進めます。はじめは50分枠での予約をお願いしていますが、それ以降は25分枠と50分枠を選べます。

認知行動療法

人間や動物の行動についての心理学や行動科学研究の知識を治療に応用したものです。
症状によっては大きな治療効果が期待できます。

主に以下のようなものがあります。

  • 認知療法……悲観的な考え方を現実的なものへと変える訓練をする
  • 「社会技能訓練」……人付き合いのしかたを訓練する
  • 「筋弛緩法」……緊張を緩めるために行う
  • 「瞑想法」……リラックスしたり、物事をありのままに受け入れる練習をする
  • 「問題解決訓練」……困った出来事の解決法を訓練する
  • 「エクスポージャー法」……苦手なものに慣れる訓練をする

自律訓練法

注意の集中や自己暗示の練習を段階的に行うことで、全身の緊張を解き、心や身体の状態を自分でうまく調整できるように工夫された心理療法です。
具体的には決められた言葉(言語公式)を自分の中で繰り返していきます。
心身症や神経症のほか睡眠障害にも適応できます。

催眠療法

通常とは違った意識状態を利用して、意識的にコントロールするのが難しい問題にアプローチする時に用います。眠ろうとしても眠れない、リラックスしようとしてもできない、検査で異常がないのに痛みがあるなどの症状に当院では効果があるなと感じております。
一般的なイメージと異なり、催眠状態でおかしな行動を取ってしまったり、秘密を話してしまったりすることはありませんのでご安心ください。

また、「○○は催眠療法で治りますか?」というお問い合わせがよくお受けいたします。当院では、疾患によって使い分けているというよりも、その方の悩みや悩み方によって催眠を用いているため、お答えしにくい質問ではありますが、あえて医学的に根拠のある疾患を挙げさせていただくと、「再発性小児頭痛」、「過敏性腸症候群」、「肥満」になります。

日本の症例では、「車酔い」と「イボ」も効果があったという事例が紹介されています。

またTVなどで時折ある「禁煙」ができた、「偏食」が治ったというのは、学術雑誌で根拠のある論文としては今のところ見たことはなく、そういう事例もあるらしい位にご理解いただけたらと思います。

実際にはみなさまの悩みに合わせて実施しておりますので、お会いする前にお電話で疾患だけを聞いて事前に治るか治らないかをお約束することはできません。

色々なことで悩んではいて催眠にも興味はあるという方がいらっしゃいましたら、直接お会いしてお話しできたら一番良いですし、難しければ当院の臨床心理士宛にお電話いただけたらと思います。

交流分析

自分の【こころ】を「父親のこころ、母親のこころ、大人のこころ、自由な子どものこころ、順応な子どものこころ」と5つのこころに分け、そのバランスに気付くことからスタートします。それをもとに今後の生活や対人関係についての方向性を探し出します。
具体的な方法としては「エゴグラム」という心理検査を用いたり、「ゲシュタルト療法」を利用して行う再決断療法などを用います。

ゲシュタルト療法(再決断療法)

2つの椅子を使い、自分自身の中にある2つの【こころ】になりきって会話をすることで、こころの衝突や葛藤を解決し、納得して歩んでいけるよう導く心理療法です。
身体障害や精神症状で困っているとき、「二進も三進も行かない」状態が少なくありません。それは、自分自身の【こころ】が「こうしなければ、でも……」という袋小路に陥ってしまった状態です。そのストレス状態を解決し、今まで生きてきた人生のシナリオから、これからの望む人生のシナリオに書き換える決断(再決断)を行います。
過去に原因を探すのではなく、今日からより良く生きるために何ができるのかを目的とした未来志向として、交流分析も含めて療法を行っていきます。

 

 

 

親の会(不登校、行き渋り、起床困難)

子どもが困難に直面すると、親も悩み苦しみます。この親の会は、お子さんのことで当院を受診されたご家族の方が、当事者同士支え合い、力を合わせる場を提供するために作られました。

当院を受診されるご家族の方の多くが、お子さんのことを理解したい、自分に出来ることがあればしてあげたい、という気持ちでお子さんを一生懸命サポートされています。

しかし、お子さんが朝起きられない、学校や仕事に行くことを嫌がる、生活リズムが乱れている、などの様子を見ていると、焦り、不安、怒りなどを感じられることもあるのではないでしょうか。

また、周囲の方からお子さんについて十分な理解や協力が得られない、自分自身の悩みごと(仕事が忙しい、親の介護が大変、自分の時間が持てない、など)もあるなど、1人では抱えきれなくなっている方も少なくありません。

親として、また自分自身としての悩みや困りを同じような体験をされている方々と共有したり、悩みや困りを解消するためのアイデアを一緒に考えることで、少しでも穏やかに過ごせるようになるようなサポートができればと考えています。

  • 睡眠やこころのことでお悩みの方は お気軽にお越しください。有吉祐睡眠クリニック YOU ARIYOSHI Sleep Clinic 睡眠やこころのことでお悩みの方は お気軽にお越しください。 初診完全予約制 再診予約優先制 〒802-0084 福岡県北九州市小倉北区香春口1丁目13-1 メディックス三萩野2F 初診完全予約制 再診予約優先制 月・火・水10:00~13:30/15:00~19:00 金 10:00~13:30/15:00~20:00 土 10:00~14:00 休診日:木曜・日曜・祝日 患者様専用ダイヤル:0120-412-271 【代表】093-921-4133
  • 睡眠やこころのことでお悩みの方は お気軽にお越しください。有吉祐睡眠クリニック YOU ARIYOSHI Sleep Clinic 睡眠やこころのことでお悩みの方は お気軽にお越しください。 初診完全予約制 再診予約優先制 〒802-0084 福岡県北九州市小倉北区香春口1丁目13-1 メディックス三萩野2F 初診完全予約制 再診予約優先制 月・火・水10:00~13:30/15:00~19:00 金 10:00~13:30/15:00~20:00 土 10:00~14:00 休診日:木曜・日曜・祝日 患者様専用ダイヤル:0120-412-271 【代表】093-921-4133
  • bottom02_spimg.png